「情報商材」の定義をおさえておこう

この記事の所要時間: 213

 ノウハウコレクターになってしまっている人は、「情報商材」を追い求めてしまいがちです。

 今回は、その「情報商材」の定義をお伝えします。これをしっかり押さえておくだけでも、下手な「情報商材」を手にするリスクは格段に減ると思います。


スポンサーリンク



ノウハウコレクターの傾向

 「情報商材」とはその名の通り、情報を商品にしたものですね。私が想像する稼ぎ方ノウハウというのもそうですが、新聞や雑誌なども情報商材の一つと言えます。文字情報や画像情報を商品にしていますからね。

 情報には価値があります。ですから、それを必要としている人に売ることができるわけです。

 それでは、稼ぎ方や自己啓発、成功哲学の情報が商品として売られていますが、皆さんはそれらをどういう思いで買うでしょうか?少なくとも、「これを読めば自分も月収100万円は稼げるぞ」と単純に思って買っていませんよね。

 商材というのは、あくまでも情報をカタチにしたものです。その商材さえ読めば稼げる、そのような単純なことではないのです。特に、ノウハウコレクター傾向の人は、商材に過剰な期待をしています。


情報商材、ではなく・・・

 「これさえ読めば」という過剰な期待で商材を買ってしまい、実際見てみたらビジネスの基本しか教えていない・・・。「何だよ、そんな当たり前のことしか書いてないじゃん」、そう思って「また失敗したなぁ・・・」と落胆する・・・。

 ただ、結局、どんな方法でも、私たちがやらなければいけないのは、

   ビジネスの基本=価値を作り出す

ことです。これは、紛れもない事実です。

 私がお伝えしたいのは、「情報商材」に対する考え方を変えて頂きたい、ということです。

 情報を仕入れて自分に取り込んで、価値を作り出すことをして、稼ぐようにするわけですから、情報は自分に取り込むための「素材」なんですね。ということは、

   情報商材、ではなく、情報素材

という捉え方が正しいのです。

 あくまで、素材は素材です。野菜、果物、魚、肉・・・そういうものと一緒なのです。魔法の薬ではありません。

 情報商材、という認識で買う(取り入れる)のではなく、情報素材、という認識で捉えることで、その素材を活かして自分で価値を作り出して、その成果物を発信し、収入につなげていく、こういう考え方が重要なのではないでしょうか。



 今回はこれで終わります。最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 はじめまして、ターボと申します。

 サラリーマン時代の経験と知恵を情報発信していこうと、ネットビジネスに飛び込みました。身体はすっかりオヤジ化していますが、心はバリバリの体育会系のままです。パソコン音痴の私がどこまでやれるか、このブログを通じてお付き合いください。

 現在、北海道在住です。

10月は『ハロウィン🎃!

公衆トイレの約5倍汚いPCキーボードの掃除の決定版!

スポーツ好きのあなた『ウィリアムヒル・スポーツ』で愉しみませんか?

毎朝の朝食はこれが一番です!『フルグラ』

お勧めする無料学習講座!

「ポケモンGO」で稼ぐチャンス!

アフィリエイトを始めるならコチラから・・・

カテゴリー

今、何位にいるの?

応援クリック、お願い致します!

このページのURLはこちらから ↓

スポンサーリンク

『WOWOW』加入は今がチャンス!

2017年は【暗号通貨】元年です

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【仮想通貨】はコインチェックで!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

私も参加しザクザク貯まっています!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

簡単楽しく貯まる モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

レンタルサーバーなら「さくらサーバー」私も使っています!

私も使っています!使い易さ抜群のテンプレートです!


Wordpress用テンプレート
●シンプルなデザイン
●感覚的な操作性
●内的SEO対策済み
●特典画像(60種類)
●優れた機能性
●豊富なマニュアル

トップアフィリエイターも利用の「アスメル」!

▲トップへ戻る