ムダなこと(もの)は一つもないんです

この記事の所要時間: 239

私は、自分の経験則や学んだことから、

   ・”世の中、ムダなこと(もの)は一つもない”

という価値観を持っています。

今回は、このことについてお伝え致します。


スポンサーリンク



思考は止まってはいけません

 全ての出来事や行動、言葉などから、得るものは必ずあります。教わっている時だけでなく、人に何かを教えている時にも気付きは多くありますよね。
 
 よく、「インプットしたらアウトプットしよう。そうすれば、自分でも改めて理解を深めることができます。」と言われるのもうなずけますよね。こういう経験は、職場などでも多くあります。

 もし、世の中にムダなこと(もの)、ムダな時間があるとすれば、それは

   ・”思考が止まっている時”

ではないでしょうか。ちなみにこれは、立ち止まって思考する、とは全く意味が違います。立ち止まって思考することは、時に賢明なことです。どんなに多くを学べる環境の中に、身を置いたとしても、自らの思考が学びを感じ取る姿勢でない、つまり思考が止まっていては、そこからは何も得ることはできません。

 これは、『日常の意識の問題』です。


脳はフル回転で活用したいものです

 例えばテレビを見ている時、思考することがなくても「面白かった、楽しかった。」と思うのは、誰にでもできることです。私も、ここ数年は、見るテレビは決まっていて、それ以外はほとんどテレビは見ていません。

 しかし、見る場合、同じ「テレビを見る」という行動でも、必ず何かを学び取れるように意識しています。これが、先ほど挙げた、『日常の意識の問題』につながります。

 例えば、テレビの出演者の発言や立ち振る舞いから見習う要素を見つけたり、ドラマでも人の深層心理を読んだり、最近異常に多い通販のCMでのセールスの手法を学んだり・・・。たくさん学べるチャンス、あるんですよね。

   【学ぼうという姿勢があれば、それはどんな事も学びになる】

ということなのです。

 皆さんも聞いた事があると思いますが、人間の脳はそのほとんどが使われていないという事実です。人間の脳は、顕在能力と潜在能力があって、93%は潜在能力、つまり使われていない能力(ここを使えるようにするスキルや思考法はたくさん世に出ていますよね)なのです。かのアインシュタインでさえ、その脳の11~13%程度しか使われていなかったという話を聞いたことがあります。ならば、凡人の私は一体何%使われているのだろうかと考えると、恥ずかしい限りです(笑)。

 私たちが24時間、全神経を駆使しても、使われていない脳がほとんどなのですから、日頃の意識を少しでも向けて、自分の成長のために、そして自分の未来のために、脳をフル回転で使った方が良いことは言うまでもありませんよね。

 ということで今から、ぜひ、脳をフル活用して、毎日を有意義なものにしていきましょう!



 今回はこれで終わります。最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 はじめまして、ターボと申します。

 サラリーマン時代の経験と知恵を情報発信していこうと、ネットビジネスに飛び込みました。身体はすっかりオヤジ化していますが、心はバリバリの体育会系のままです。パソコン音痴の私がどこまでやれるか、このブログを通じてお付き合いください。

 現在、北海道在住です。

スポーツ好きのあなた『ウィリアムヒル・スポーツ』で愉しみませんか?

毎朝の朝食はこれが一番です!『フルグラ』

お勧めする無料学習講座!

「ポケモンGO」で稼ぐチャンス!

アフィリエイトを始めるならコチラから・・・

カテゴリー

今、何位にいるの?

応援クリック、お願い致します!

このページのURLはこちらから ↓

スポンサーリンク

2017年は【暗号通貨】元年です

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【仮想通貨】はコインチェックで!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

私も参加しザクザク貯まっています!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

簡単楽しく貯まる モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

レンタルサーバーなら「さくらサーバー」私も使っています!

私も使っています!使い易さ抜群のテンプレートです!


Wordpress用テンプレート
●シンプルなデザイン
●感覚的な操作性
●内的SEO対策済み
●特典画像(60種類)
●優れた機能性
●豊富なマニュアル

トップアフィリエイターも利用の「アスメル」!

▲トップへ戻る