明日は、「冬至」 カボチャを食べよう

この記事の所要時間: 215

 こんばんは。

 明日、12月22日は、「冬至」です。日照時間が最も短くなる日です。そして、「冬至」と言えば、

   ・カボチャ柚子湯

ですね。


スポンサーリンク



なぜ「カボチャ」なの?

 冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん・・・など「ん」のつくものを「運盛り」といい、縁起をかついでいたのです。

 運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあり、土用の丑の日に「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ています。

 また、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているのです。


 では、「冬至」になぜ「カボチャ」を食べるのでしょうか?

 「カボチャ」を漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しています。

 また、「カボチャ」は、ビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的です。本来、「カボチャ」の旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあるのです。


なぜ「柚子湯」なの?

 次に、「柚子湯」についてです。

 柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。

 昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために身を清めるのも道理で、現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習があります。冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもありました。端午の節句の菖蒲湯も同様です。

 また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

 もちろん、柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。さらに、芳香によるリラックス効果もありますから、元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。


 今回は、ちょっと豆知識をお伝えしました。こうした言い伝えは、できるかぎり伝承していきたいものですね。私も、明日は「カボチャ」を食べ、「柚子湯」に入ろうと思います。 ♨



 今回はこれで終わります。最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 はじめまして、ターボと申します。

 サラリーマン時代の経験と知恵を情報発信していこうと、ネットビジネスに飛び込みました。身体はすっかりオヤジ化していますが、心はバリバリの体育会系のままです。パソコン音痴の私がどこまでやれるか、このブログを通じてお付き合いください。

 現在、北海道在住です。

公衆トイレの約5倍汚いPCキーボードの掃除の決定版!

スポーツ好きのあなた『ウィリアムヒル・スポーツ』で愉しみませんか?

毎朝の朝食はこれが一番です!『フルグラ』

お勧めする無料学習講座!

「ポケモンGO」で稼ぐチャンス!

アフィリエイトを始めるならコチラから・・・

カテゴリー

今、何位にいるの?

応援クリック、お願い致します!

このページのURLはこちらから ↓

スポンサーリンク

『WOWOW』加入は今がチャンス!

2018年は【暗号通貨】どうなる?

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【仮想通貨】はコインチェックで!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

私も参加しザクザク貯まっています!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

簡単楽しく貯まる モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

レンタルサーバーなら「さくらサーバー」私も使っています!

私も使っています!使い易さ抜群のテンプレートです!


Wordpress用テンプレート
●シンプルなデザイン
●感覚的な操作性
●内的SEO対策済み
●特典画像(60種類)
●優れた機能性
●豊富なマニュアル

トップアフィリエイターも利用の「アスメル」!

▲トップへ戻る