心の風邪 「うつ病」は他人事ではありません(1)

この記事の所要時間: 439

 こんばんは。

 現代病の中心となっているのは、“心の風邪”とも言われている『うつ病』です。まさか私もこの病にお世話になるとは夢にも思いませんでしたが、皆さんにも気を付けて頂きたいと思い、丁度シェアしたい記事がありましたので、今回と次回、2回に分けてご紹介致します。


スポンサーリンク



はじめに

 ここでご紹介する記事は、全て引用させて頂くものです。引用元は、2019年5月18日(土)「NIKKEI STYLE」の記事です。ヤフーニュースに掲載されていました。

(以下、引用)

「うつ」と「うつ病」は違う 大事な受診のタイミング

うつ病の人が増えている。
社会生活や仕事が複雑なものになっていることに加え、
以前よも精神科受診に対する心理的ハードルが低くなっていることも
原因とみられている。
誰でも耳にするうつ病だが、
正確に診断し正しく治療することが難しい病気でもある。
うつ病の正しい理解を日本うつ病学会理事長を務めた、
六番町メンタルクリニック(東京・千代田)の野村総一郎所長に伺った。
◇  ◇  ◇
心の風邪・・・。
うつ病に対するこんな表現を聞くくらい、いまやうつ病はポピュラーな病気だ。
厚生労働省の患者調査によると、
患者数は1996年の約43万3000人から2017年には約127万6000人と、
21年間で約3倍になった[注1]。
ひとりの人が一生のうちでうつ病にかかる率は7.5%というデータもある。
つまり、うつ病は誰でもかかる可能性がある病気といえる。

風邪というと軽い響きだが、風邪をこじらせると肺炎になってしまうのと同様、
うつ病も対応を間違うと慢性化し、最悪の場合は自殺につながることもある。
決して侮ることはできない病気だ。


[注1]うつ病、双極性障害(以前は躁うつ病と呼ばれていた)、
気分変調症などを含む気分(感情)障害の患者数


「うつ」は気分、「うつ病」は病気

うつ病の症状として「うつ」がある。
うつは、挫折、心配、不安、失敗などが引き金になり気分が落ち込む状態である。
うつ病は、単なるうつよりもはるかに強く、はるかに長く、はるかに大きい症状になる。
「生きていることさえつらい」状態となり、
生活や仕事に甚大な影響を及ぼすことになる。
単なるうつのレベルであれば気分の問題だが、
うつ病は病気だ。

うつ病になると思考、知覚、認知も障害され、
息苦しくなったり、発汗したり、手足がしびれ、食欲もなくなり、
寝てもすぐに目が覚め、慢性的な睡眠不足の状態となる、
いわゆる自律神経失調症の状態となることもある。


「他人との比較」が慢性化を招く

うつ病の原因はストレスや環境、遺伝要因などが複合的に関わると考えられている。
発症にはホルモンやセロトニンなど
脳内の神経伝達物質のバランスの乱れも関与することが知られ、
薬物療法でそうしたバランスを維持することが治療に応用されている。
男性より女性が多い理由の一つも、
ホルモン分泌の変化が影響するためと考えられている。
特に妊娠・出産などを契機に起こるうつ病にはホルモン分泌の状態が影響する。

うつ病は会社や社会でそれ相応の責任を負うようになった40歳代が最も多いが、
これも、ストレスをうまく処理できず、
自分の心にひずみが蓄積した結果と捉えることができる。

うつ病になっても自然に改善することもあるが、
中には慢性化させてしまう人も少なくない。
うつ病を含む心の病気が慢性化しやすい人の特徴として、
野村所長は次の4つのパターンがあると指摘する。


【うつ病を含む心の病気が慢性化しやすい人の特徴】

(1)劣等意識(2)被害者意識(3)完全主義(4)執着主義

「劣等意識」とは絶えず他人と自分とを比較して、
自分が劣っていると思いがちな意識のこと。
一方で、「被害者意識」が強い傾向もある。
例えば、「職場が自分を理解してくれず、損をしている。
本来はもっとできるはずだ」という感情だ。

さらに物事を完全に成し遂げたいという「完全主義」も顕著だ。
このような人は自分にも厳しいが、
他人にはより厳しい姿勢を取りがちだ。

「執着主義」は長所と短所が表裏一体となった性格だ。
徹底的に、粘り強く、コツコツと丁寧に仕事をし、
周囲の評価を得ている半面、他人の評価を気にしすぎ、
頭がかたく、物事の重み付けが苦手で、融通が利かない点があり、
結果的に自分を苦しめることになる。

こうした性格の持ち主に対して、
野村所長は著書『人生に、上下も勝ち負けもありません』(文響社)の中で
老子の教えを引いて「ノージャッジの勧め」を説いている。

「ノージャッジ、つまりジャッジしないこと。
他人は他人、自分は自分と割り切って、
比較する思考の習慣を修正することです。
といっても、すぐにこのような考えを改めることはできません。
治療に際して医師は、ノージャッジができるように患者自身と対話を重ねて、
患者自身が半ば自発的に自分の思考に気がつくようにアドバイスしていきます。
知的なリハビリテーションということができます」(野村所長)
(以上、引用終わり)


 次回は、この続きからお伝え致します。



 今回はこれで終わります。最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 はじめまして、ターボと申します。

 サラリーマン時代の経験と知恵を情報発信していこうと、ネットビジネスに飛び込みました。身体はすっかりオヤジ化していますが、心はバリバリの体育会系のままです。パソコン音痴の私がどこまでやれるか、このブログを通じてお付き合いください。

 現在、北海道在住です。

公衆トイレの約5倍汚いPCキーボードの掃除の決定版!

スポーツ好きのあなた『ウィリアムヒル・スポーツ』で愉しみませんか?

新たな『スポーツベット』が誕生!

毎朝の朝食はこれが一番です!『フルグラ』

アフィリエイトを始めるならコチラから・・・

カテゴリー

今、何位にいるの?

応援クリック、お願い致します!

このページのURLはこちらから ↓

スポンサーリンク

私も参加しザクザク貯まっています!『ハピタス』

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

簡単楽しく貯まる モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

レンタルサーバーなら「さくらサーバー」私も使っています!

私も使っています!使い易さ抜群のテンプレートです!


Wordpress用テンプレート
●シンプルなデザイン
●感覚的な操作性
●内的SEO対策済み
●特典画像(60種類)
●優れた機能性
●豊富なマニュアル

トップアフィリエイターも利用の「アスメル」!

▲トップへ戻る