衝撃!「汗をかいてデトックス」はウソだった(1)

この記事の所要時間: 249

 こんばんは。

 皆さんの中でも、サウナ好きの方も多いことと思います。何故サウナに入るのか、はそれぞれ理由はあるでしょうけど、

   ・「汗をかいてデトックス」はウソだった

という研究報告が発表されたことをご存知でしたか?このニュースについて、2回に分けてお知らせ致します。私もショックでした。

 記事元は、2018年4月3日付の『NATIONAL GEOGRAPHIC』というニュースサイトの抜粋です。


スポンサーリンク



「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告

 発汗は、今や健康や美容のトレンドになっている。
遠赤外線サウナからホットヨガまで、
タオルが汗でびっしょりになるアクティビティは
リラクゼーション効果があるだけでなく、
体の毒素を排出して健康を保つとも言われている。

 だが、汗をかいて毒素を排出するという説は、
汗をかいて弾丸を搾り出すというのと同じくらいありえない話であることが、
最新の研究で明らかになった。

 科学者たちも長年密かに疑っていたことだが、
汗と一緒に毒素も排出されるというのは、都市伝説に過ぎなかった。

 人間が汗をかくのは体温を下げるためであって、
老廃物や有毒物質を排出するためではない。
その役目を負うのは、腎臓と肝臓である。
もちろん、都市伝説の中にも一粒の真実はあるものだ。
この場合も例外ではない。
汗の成分の大部分は水とミネラルだが、
様々な種類の有毒物質も含まれている。

 ただし、
学術誌「Environment International」に掲載された研究報告によれば、
その量はごくわずかだという。
「どの程度の量かということは、常に問うべきです」と、
化学者のジョー・シュワルツ氏は言う。
「汗を分析すると多くの物質が見つかりますが、
化学物質があるからと言って必ずしも危険なわけではありません」


汗に含まれる汚染物質の量は?

 シュワルツ氏は、カナダ、マギル大学の科学社会事務局長を務めている。
科学に関する都市伝説を検証する同局には、
医療詐欺やエセ療法に関する問い合わせが山のように寄せられているという。
そのなかには、体のデトックスをうたったものも数多い。

 では、汗の中にはどれほど有害な物質が含まれているのだろうか。
 ほとんどの汚染物質に関しては、その量はあまりにわずかで、
あってもなくても変わらないと、
今回の研究を率いたパスカル・インベルト氏は言う。
インベルト氏は、カナダ、オタワ大学の運動生理学者で、
体脂肪に蓄積する汚染物質の研究をしている。

 これらの物質は「残留性有機汚染物質」と呼ばれ、
農薬、難燃剤、そして現在は禁止されているものの
まだ環境中に残っているポリ塩化ビフェニル(PCB)などがある。
食品や環境中に存在する「毒」と一般に考えられているが、
脂肪に引き寄せられる性質があるため、
大部分が水でできている汗には溶けにくい。
(参考記事:「有毒物質PCBへの耐性を獲得した魚」
(以上、抜粋終わり)



 今回はこれで終わります。最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


スポンサーリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 はじめまして、ターボと申します。

 サラリーマン時代の経験と知恵を情報発信していこうと、ネットビジネスに飛び込みました。身体はすっかりオヤジ化していますが、心はバリバリの体育会系のままです。パソコン音痴の私がどこまでやれるか、このブログを通じてお付き合いください。

 現在、北海道在住です。

公衆トイレの約5倍汚いPCキーボードの掃除の決定版!

今一番お勧めのスポーツベット『188bet』

スポーツ好きのあなた『ウィリアムヒル・スポーツ』で愉しみませんか?

新たな『スポーツベット』が誕生!

毎朝の朝食はこれが一番です!『フルグラ』

アフィリエイトを始めるならコチラから・・・

カテゴリー

今、何位にいるの?

応援クリック、お願い致します!

このページのURLはこちらから ↓

スポンサーリンク

私も参加しザクザク貯まっています!『ハピタス』

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

簡単楽しく貯まる モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

レンタルサーバーなら「さくらサーバー」私も使っています!

私も使っています!使い易さ抜群のテンプレートです!


Wordpress用テンプレート
●シンプルなデザイン
●感覚的な操作性
●内的SEO対策済み
●特典画像(60種類)
●優れた機能性
●豊富なマニュアル

トップアフィリエイターも利用の「アスメル」!

▲トップへ戻る